2016年3月30日水曜日

第2回マイルストン・ピアノ発表会

お待たせしました。
今回のブログは3月30日(水)に開催された、
「第2回マイルストン・ピアノ発表会」の様子を特別篇にて紹介します。
ドキュメント風に時系列を追って進めます。
「序章:準備」

開催日前日、発表会背景を飾る看板を製作しました。
発表会とはせず、敢えてコンサートと銘打ちました。

演奏者、聴衆ともに肩肘貼らずに楽しんでいただき、
小さな出演者たちも一人前の表現者として演じてもらいたいとの願いからです。

その看板作りには学童女子2人がお手伝いを買って出てくれました。
Chちゃん&Ntちゃん(共に新・小5)の2人で、切り文字を全てカットしてくれました。
(2人とも新年度にはクラブを卒業します。でもアトリエ・キッズとしてデビュー予定。)
「ありがとう。」

そして、めでたく完成。展示完了。
その後、当日に飾りつけを行いました。

「木製譜面台、購入」
古道具屋でクラシカルな譜面台を偶然にも発見、安価にて即購入。
発表会当日の司会者のプログラム置きに最適な小道具の登場です。

* * *
 「いざ本番!」クラシカルな感嘆詞(死語?)でスタート。

司会進行役は、本番直前に立候補したYuちゃん(新・小4)です。
後半では他の学童2名に代わることに・・・。
(3名の立候補者たち、互いに譲り合わずの妥結裁定です。)
そのYuちゃん、マイク片手に第1番目の演奏者と曲目を紹介しました。
演奏者の保護者の皆様も多忙中、駆けつけてくれました。
「前半プログラム」
1、オープニングを飾るのはAsちゃん(新・小2)による演奏
  「サーカスがやってくるよ」、「かわいい子ネコ」
  「森のクマさん~ネコふんじゃった(ナオコ先生との連弾)

2、H・Rnちゃん(新・小2)による演奏
  「小イヌのマーチ」、「たなばた」
  「ふるさと~星に願いを(カナ先生との連弾)」


 3、K・Ntちゃん(新・小3)による演奏
  「明るいまきば」、「ホタル」

4、Khちゃん(新・小3)による演奏
  「ゲゲゲの鬼太郎」

5、Knちゃん(新・小3)による演奏
  「エリーゼのために」、「愛のロマンス」、「いなかの踊り」

6、Skちゃん(新・小2)による演奏
  「ジプシーの踊り」、「愛と子ども」

7、Krちゃん(新・小2)による演奏
  「追いかけっこ」
  「マクドナルドおじいさん(ナオコ先生との連弾)」

以上、7名の学童たちによる熱演が続きました。
日頃の稽古の成果、聴く人々の耳に届き、胸に響きました。

さて前半最後は、いつも熱い指導で学童たちを引っ張ってくれるカナ先生の登場です。
曲目は「あなたへの歌」、「本当の喜び」で、素晴らしい演奏を披露していただきました。
どうも、ありがとうございました。
大きな拍手の内に、前半のプログラムが終了。
司会進行役のYuちゃんにより、休憩タイムが告げられました。
(打ち合わせ無しのぶっつけ本番でしたが、そのMCぶり上々でした。)
* 
後半直前に司会進行の引き継ぎをする前半のYuちゃんと後半進行役の2人。
さて「後半プログラム」の再開です。
後半の進行役はTiちゃん&Yiちゃん(共に新・小3)の2人、
息の合ったユニゾンで、後半の開始が告げられ、演奏者が紹介されました。

「後半プログラム」
8、Rrちゃん(新・小2)による演奏
  「アメリカン・プレリュード」、「エコセーブ」
  (ペダルに届かない脚、記念に撮っちゃいました。)

9、Mzちゃん(新・小3)による演奏
  「4羽の白鳥の踊り」、「楽しいテーマによる5つのバリエーション」

上写真は自らの出番前にみんなの演奏に聞き入るMmちゃんの姿。健気です。

10、さてそのMmちゃん(新・小2)による演奏です。
  「糸巻きの歌」
  「飛べ!宇宙船(ナオコ先生との連弾)」
  Mmちゃんの隣りで演奏に聞き入るのは妹のRnちゃんです。

 11、T・Rnちゃん&Rrちゃん2人(共に新・小3)による演奏
  「鐘の塔」、「インディアンの踊り」、「オルゴール」

 12、Hyちゃん(新・小2)による演奏
  「フランスの古い歌」、「小さなワルツ」

13、Hnちゃん(新・小3)による演奏
  「いつも何度でも」、「鬼と妖精」

14、T・Rnちゃん(新・小3)による演奏
  「コナンのテーマ」、「タランテラ」

15、最後はF・Chちゃん(新・小4)による演奏
   チャップリンの「ライムライト」、「メヌエット」
 
あっと言う間に、お姉ちゃんらしくなったF・Chちゃんのしっとりとした演奏。
感無量です。

カナ先生・ナオコ先生の指導による学童14名の演奏が全て終了しました。
その豊かな曲目バリエーションも充分に楽しめましたが、
みんなの真摯な表情と演奏ぶりが何よりも魅力的でした。

さて後半最後に登場は指導のナオコ先生。
演目はトトロの挿入曲「さんぽ」を披露。
そのリズミカルな演奏にみんなの手拍子が加わり、やがて全員の合唱も始まりました。
司会進行の3人もノリノリで拍手と歌で参加、マイクもオンにしてもらいました。
カナ先生も学童たちに混じり、盛り上がりました。


 大盛り上がりの合唱で、「第2回マイルストン・ピアノ発表会」もめでたく終了しました。

所用で男女学童2人が欠場しましたが、みんなの日々の練習の成果が演奏に出ました。
みんなの柔らかな音色と旋律がクラブ内に鳴り響き、それが聴く者の心の中へも沁み渡りました。
これもひとえに学童たちの日々の努力と、その指導者カナ先生・ナオコ先生の情熱の賜物です。
今後も演奏技術のみならず、背景となる感性に裏打ちされた情緒をも含めて精進していって下さい。

演奏者の学童のみんな、カナ先生・ナオコ先生、お疲れ様。
多忙の中、お出でいただいた保護者の皆様、お疲れ様でした。そして、ありがとうございます。
急遽、司会進行役を買って出てくれた学童3名もお疲れ様、そして、ありがとう。「良かったよ!」
バタバタして、至らなかった点もありましたが、次回への反省材料とさせていただきます。
どうぞ、ご勘弁下さい。

終了後、教え子たちに囲まれるカナ先生・ナオコ先生。
 来年の第3回ピアノ発表会も今から楽しみです。

発表会終了後の空、美しい夕日でした。

* * *
「編集後記」

3/30日のピアノ発表会の様子、特別篇として先行・単独にてアップさせていただきました。
撮影時のスナップ、ストロボ無し(嫌い)のため手振れピンボケが発生、バラツキ等ご容赦下さい。

音楽が「音が苦」になって、ピアノから離れていった保護者世代の方々も多いと聞きます。
鍵盤のフィンガリング職人を促されることに苦痛を覚えて、と言うのが大方の感想です。
文字通りの「音楽」を、日常の楽しい潤いにすることがマイルストンの目標です。
歌伴奏のピアノだったり、多種類のキーボードだったり、他の楽器との合奏だったりと・・・、
これからも幅広く、日々の中で楽しめていけたら、と思っています。
これからも多彩で豊かな瑞々しい「音楽」を、共に楽しんでいければ幸いです。

マイルストン学童クラブ、ブログ編集担当;トーマ先生

*「追記」:遅れ遅れのブログ(最後の1週分)も、出来るだけ早く アップします。
今しばらく、お待ちください。